三菱ケミカルホールディングスKAITEKI Value for Tomorrow

KAITEKI拡がる 循環型社会の実現に向けた取り組み

気候変動や資源?エネルギーをはじめとする環境課題の包括的な解決に向けて、MCHCグループは、サーキュラーエコノミーを重要な戦略と位置付け、製造プロセス(原料調達~加工)から製品使用後に至るまでのライフサイクル全体を通じて、資源を有効利用する取り組みを推進し、最適化された循環型社会の実現をめざしています。

  • わたしたちが想定する循環の姿
  • サーキュラーエコノミーの取り組み

    2019年5月にサーキュラーエコノミー推進委員会を立ち上げ、社会価値と経済価値のクロスオーバーとしてサーキュラーエコノミーをグループ横断的に推進しています。

    MCHCグループのサーキュラーエコノミーの方針 KAITEKIビジョン実現に向けて、最適化された循環型社会をめざし、資源?マテリアル?エネルギーの高度活用と新しい価値の創造を、イノベーションとビジネスモデル変革と通して実行すること
  • サーキュラーエコノミー(CE)推進委員会の体制

    テーマ例

    1. リサイクル適応素材や技術開発
      包装素材?産業用素材のリサイクル対応
      ケミカルリサイクル、マテリアルリサイクルの検討など
    2. バイオ関連ビジネスの加速
      生分解性プラスチックや植物由来プラスチックの事業拡大、
      バイオ触媒の研究開発など
    3. ライフサイクルアナリシスの遂行と、それを踏まえた事業
      ポートフォリオ改革への提言
  • 温室効果ガス(GHG)対策、サーキュラーエコノミー対応など、グローバルアジェンダに対応する市場成長性、ビジネスモデル、イノベーションが収益性に加えて、ポートフォリオ改革の新しい決定要因となる

    事業ポートフォリオ改革への反映

    社会価値と経済価値のクロスオーバーをポートフォリオ改革へ反映していきます。

気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD※)提言に基づく報告

MCHCは、金融安定理事会により設置されたTCFDの最終提言への支持を2018年10月に表明しました。
当社グループは、これまで環境負荷削減や省エネルギー活動の推進、再生可能エネルギー利用の推進、GHG排出削減に貢献する製品群の拡充に取り組んできましたが、TCFDの最終提言を踏まえ、これらの取り組みの充実化とともに、関連する情報開示を段階的に拡充し、企業価値向上に努めていきます。

※TCFDは、気候変動に関連するリスクと事業機会が企業財務にもたらす影響について、企業による投資家への自主的な開示を促すことを目的として、2017年6月に情報開示のあり方に関する最終提言を公表

  • ガバナンス

プラスチック廃棄物問題への取り組み

プラスチックはその利便性からさまざまな用途で使用され、私たちの日常生活に欠かせないものとなっています。
世界のプラスチック生産量は過去50年で20倍以上に急増※1している一方で、リサイクル率は約10%※2にすぎず、適切に回収?処理されなかったプラスチック廃棄物による海洋汚染が深刻な問題となっています。地球規模でプラスチック廃棄物問題の対策が求められている中、MCHCグループは、プラスチック素材のプロバイダーとして、バリューチェーンを通じて廃棄物発生量の削減に取り組むと同時に、リサイクル適応素材?リサイクル技術の開発、バイオプラスチック事業の推進など、製品?技術を通じた課題解決に取り組んでいます。
また、国際的なイニシアチブとの協働によりバリューチェーン全体で最適な循環型社会の実現に向けた取り組みを推し進めていきます。

※1 参考:世界経済フォーラム (2016)
※2 参考:OECD, improving Markets for Recycled Plastic (2018),
R.Geyer, J.Jambeck and K.Law, "Production, use, and fate of all plastics ever made", Science Advances, Vol.3 (2017)

  • MCHCグループが参画している主なイニシアチブ
  • FOCUS
黑粗硬大欧美在线视频-黑粗硬大超爽视频