三菱ケミカルホールディングスKAITEKI Value for Tomorrow

価値創造モデル ー KAITEKI経営の考え方

社會課題を起點に
新たな価値を創造し続ける
「KAITEKI経営」を実踐

當社グループは、未來を見據え、當社グループとしてめざす姿の実現に向け、KAITEKI経営を実踐しています。
加速度的に変化する社會の潮流とステークホルダーの要請を視野に、
企業理念、価値基準のもと、環境?社會課題を起點とした価値創造サイクルを力強く推進しています。
これにより、當社グループは、持続可能な社會の実現に貢獻するとともに、自らの持続的成長を実現していきます。

  • 社會の潮流
  • 環境?社會課題

経営基盤と競爭力の源泉

自然資本環境負荷低減のための
サステナビリティ マネジメント

人的資本価値創造を支える多様な人材

製造資本多様なソリューションを実現するグローバルネットワーク

社會関係資本ステークホルダーとの
信頼関係?連攜

知的資本ビジネスモデル変革を
推進するナレッジ?技術基盤

財務資本強固な財務基盤

企業理念

人、社會、そして地球の心地よさがずっと続いていくことをめざし、
Sustainability、Health、Comfortを価値基準として、
グローバルに
イノベーション力を結集し、
ソリューションを提供していきます。

事業ポートフォリオ改?

  • 成?性
  • 技術?
  • 市場規模

KAITEKI経営

環境?社會課題を起點に、
ソリューションを提供し、収益力を向上

図:「社會の潮流」「環境?社會課題」を起點に、最適化された循環型社會とSustainable Well-beingの実現「KAITEKI実現」をめざす。「社會の潮流」「環境?社會課題」を「経営基盤と競爭力の源泉:自然資本(環境負荷低減のためのサステナビリティマネジメント)人的資本(価値創造を支える多様な人材)製造資本(多様なソリューションを実現するグローバルネットワーク)社會関係資本(ステークホルダーとの信頼関係?連攜)知的資本(ビジネスモデル変革を推進するナレッジ?技術基盤)財務資本(強固な財務基盤)」、さらに「経営理念(人、社會、そして地球の心地よさがずっと続いていくことをめざし、Sustainability、Health、Comfortを価値基準として、グローバルにイノベーション力を結集し、ソリューションを提供していきます。)に照らし、サステナビリティ(MOS)、イノベーション(MOT)、経済効率性(MOE)の3つの基軸を一體的に実踐し、企業価値を高めていくKAITEKI経営を実踐。「事業ポートフォリオ(成長性、技術力、市場規模)」と「経営基盤強化(E:環境課題への対応力強化、S:社會課題への対応力強化、G:コーポレートガバナンスの強化)」を進めながら、「事業の創出?成長?高度化(機能商品、素材、ヘルスケア)」を通じて、「KAITEKI価値(経済価値と社會価値の両立)」を創造する成長サイクルを持続的に回している。

経営基盤強化

  • E環境課題への
    対応力強化
  • S社會課題への
    対応力強化
  • Gコーポレートガバナンスの強化

事業の創出?成???度化

  • 機能商品
  • 素材
  • ヘルスケア

KAITEKI価値

経済価値と社會価値の両?

KAITEKI実現

最適化された循環型社會と
Sustainable Well-beingの実現

黑粗硬大欧美在线视频-黑粗硬大超爽视频